So-net無料ブログ作成
旅行・地域 ブログトップ
前の10件 | -

水族館 [旅行・地域]

久しぶりに 友達と会って 品川プリンスホテルの水族館に行ってきた

アクアスタジアム水族館入場券とレストランでのお食事がセットになったお得なプランで

ホテルロビーには 大きなツリー

 

 入ってすぐに目についたのが マリンアートミュージアム

 クリスマスバージョンで エビさんたちも楽しんでいるよう???

 っていうか エビさんが よく見えませんね~

 まあ デコレーションを楽しんでください

まったりと マイペースで泳いでいる マンボー

何を考えているんだろう

でもお魚たちはナイーブで写真を撮るときのフラッシュがストレスになり

食事を食べなくなり元気がなくなってしまうという

サメとエイの海中トンネルで 餌付けならぬお食事ショーを見ることができた

人間が入っていくと危険なので 水面上から魚やイカを落としている

のこぎりエイが口にイカを入れているのがわかるかな・・・↓

目のように見えるのは鼻です

ちょうど目と口に見えてしまうのが 滑稽です

サメとエイの違いというのは エラが下にあるのがエイで横にあるのがサメらしい

        ↑このエイは 背に白いハート形になっていて これを見た人は幸せになるとか・・・・

    ↑イルカショー

    ↑アシカショー

芸をやるたびに お魚やイカの餌を与えているけど

激しく動きながら食べていて 消化不良おこさないんだろうか???


中国旅行中の食事 [旅行・地域]

 2日目 北京 昼食 (広東料理)

   

 

       このあともたくさん出てきたけど 

       食べるのに集中してしまい 撮るのを忘れてしまうのです

  夕食 (北京ダック)

 

  3日目 北京 → 西安 (機内食)

  

     西安 昼食

  

      夕食

   

               このあともいろいろ出てきました

  

  

            20種類以上のギョーザ

 水ギョーザ

  4日目 朝 (和食レストラン)

 

            洋食レストランと和食レストラン

            選ぶことが出来ました

            洋食の方はバイキングでしたが 種類がたくさんあったそうです

      昼(貴重な日本食)

  

          海外で秋刀魚の塩焼きって珍しいですよね

     西安 → 桂林 (機内食)

 

        このとき 私は疲れで機内でダウンし 

        気持ち悪くて食べられませんでしたが写真だけパチリ

        焼きそばの味が薄かったとか・・・

    夕食 (桂林の郷土料理)

 

 

 

            シャリシャリした歯ごたえ

            何かと思ったら 「くわい」 だという

 

 5日目 昼食 (漓江下りの船内食事)

 

     夕食 (広西料理)

  

  6日目  桂林 → 上海 (機内食)

     

      昼食 (上海郷土料理)

  

  

  

     夕食 (上海海鮮料理)

   

 7日目 昼食(郷土料理  

 

      デザートには スイカや実にトマトがよく出てました

      こういうのを 毎日食べていたら 6日目くらいに

      お腹の調子が悪くなってしまい

      帰ってきてから 体調戻すのに1週間位かかりました

      油で炒めたものばかり食べてたせいかもしれません

      辛い物は大好きでおいしくいただいたんですが

      毎食では 刺激強すぎたのかも・・・・

      でも中華料理は 野菜不足にはなりませんね

 おまけ 【 お酒特集 】

        

  


上海 【 豫園(よえん)・南京路・新天地 】 [旅行・地域]

 日々変貌を遂げる街・上海

 世界をリードする近未来都市へとまい進を続ける上海が魅力的なのは

 めまぐるしく移り変わろうとする希薄が充満しているからだろう

  【 南京路 】

  メインストリートが東西に伸びる上海の銀座

  おのぼりさん風の観光客で大賑わい

  バスから降りたらモワ~っという暑さ 36度位あったかも

    

  

  中国語のマクドナルド

 ピザハット

 吉野家はそのまま

 ケンタッキー

  

  【 豫園 】

   明の時代に造園が開始されて以来8年もの歳月をかけて作られたという江南式大庭園

   園内には 楼閣・池・渓流・庭石などが巧みに配置され 多彩な景観を形造っている

   

    こういう庭園を散歩すると心が癒されますね~

    池には 大きな赤い鯉がうじゃうじゃ~

    猫ちゃんも 寝そべっていたな~

    

    正面から撮ると 花瓶の柄に見えるとガイドさんが説明していたので撮ってみた。。。。

    この近くのレストランで夕食だけど 少し時間があったので

    この周りを散策

    お店がいっぱい・・・

    こんなカラフルなお店も・・・

 

    日にち変わって

  【 新天地 】

  

 19世紀末の租界時代に盛んに建てられた「里弄」とと呼ばれるレンガ造りの住宅

 その住宅群をモダンな街並みへとリニューアルしたのが新天地

 レトロな概観とは裏腹にスタイリッシュなレストランや

 バー・ライヴハウス・ショップなどが目白押し

 懐かしくて新しい!!!

 週末には 朝から晩までのんびりとここで過ごす人が多いとか・・・

 時間的に開店前の散策だったので お買い物も出来ず 正直「フーン???」

 なんでここが観光地なの?って感じでした

 最終日フライト前に昼食をいただいたレストランに隣接した紹興酒のお店

 

 次回は 旅行中の食事特集です♪

  


桂林 【 漓江下り ・象鼻山 】 [旅行・地域]

桂林観光のハイライト 「漓(りこう)下り」

桂林の北に聳える標高2141Mno猫児山が漓江の水源だ

全長は437Km

漓江下りで訪れるのは 桂林~陽朔間の83Km

奇怪な山々が聳え立ち 途中冠岩にて下船し 鍾乳洞を見学

中で小船やトロッコに乗り換えて探索気分

中は涼しかったなぁ~

外気温は30度以上の日だった

再び船に戻り 昼食

水牛がいた 水の中に入って水遊びしているのもいた

漓江沿いに生活する人々の中には水上生活をしているところもあった

後半のこの景色は サントリーのウーロン茶のCMに出ていた映像だとか

それと 中国札20元札の絵でもあります

「象鼻山」

象にそっくり

母といった沖縄の「万座毛」を思い出した


西安 【 陝西歴史博物館・大雁塔・碑林博物館・兵馬桶抗・華清池 】 [旅行・地域]

  「西安」は シルクロードの出発点として 昔は「長安」と呼ばれていた

  市街地は明代に築かれた高い城壁に囲まれていて 中央には鐘楼が構えている

  この鐘楼は東西南北の大街の交差点上の立つ街のランドマークタワー的存在

  【陝西(せんせい)歴史博物館】

  陝西省で発掘された出土品が展示してある国立歴史博物館

  第一展示室~第三展示室まであり

  時代を追って展示されているこの中に後日見学に行く 

  大雁塔や兵馬桶抗の壁画なども展示してあった

  【大雁等】

  赤いろうそくが印象的だった

高宗の亡き母(文徳皇后)を弔う為に建てた大慈恩寺に立っている

西安のシンボルとして親しまれている

最上級まで上り市外を一望してきた

ちなみに上ったのは二組だけでした

 【西安碑林博物館】

ここは石碑を中心にした博物館

歴代の著名な書家の原刻碑が展示してあり じかに見ることができる

いろいろな書体で書かれており書道愛好家には必見かも・・・

入るとプーンと墨のにおいがする

原刻碑に墨を塗り

 版紙を当て上から押し当てる

                       昔の版画の手法ですね

【兵馬桶抗博物館】

1974年 始皇帝陵東側の果樹園で井戸を掘っていた農民が

偶然地中から陶製の武士像や馬像などを掘り当てた

以後詳しい調査で世界的な考古学上の発見となった

第一号抗~第三号抗が公開されている

 

【華清池】

美貌の楊貴妃が通った温泉として知られている

  西安中心街の鐘楼の近くの

  有名店「徳発長」というお店で 西安名物餃子をいただく

約20種類以上のギョーザを楽しむ

鶏肉ダメな私は すべて中身を確認していただいた

後半お腹いっぱいになり 味覚が鈍ってきた


北京 【天壇公園】 [旅行・地域]

 北京では 他に世界遺産の「天壇公園」

 北京では 故宮を中心とする東西南北に 

 天(壇)・地(壇)・月(壇)・日(壇)を祭る壇が築かれていた

 南側に築かれたのが 現在も残っているこの天壇である

 皇穹宇(こうきゅうう)

              皇帝の先祖の位牌を安置する為に建てられたもの

              回音壁と呼ばれる壁で建物の周囲がぐるりと囲まれている為

              音がよく反響することでも知られている

 かつて皇帝は 天帝から命を受けて地上を統治しているといわれた

 皇帝の権威を地上に示す為には 天帝を敬い 

 祈りの儀式も欠かさず 厳粛なものにする必要があったのだろう

 他に 皇帝が五穀豊穣を祈った 祈念殿 

 天をまつるために圜丘(かんきゅう)などがある

 今でも厳かで神秘的な気配が漂っている

 

  余談ですが ツアーの中に 

  75歳位のおばあちゃんとその息子さんらしき二人参加の方がいらした 

  お母さんと息子さんなのかな? 

  「おかあさん おかあさん・・・」 とよく会話があり

  おかあさんは少し足が悪そうで 両手で息子さんの手につかまって歩いている

  面倒見のよさそうな 息子さん

  うわぁ~ーーーー  偉いなぁ~  息子さん

  我が家では ありえないなぁ~

  ツアー仲間も一緒に行動していて お食事も一緒なので

  だんだん打ち解け いろいろなお話に・・・

  そしたら そのおばあちゃんは なんと 娘のお婿さんと参加してたのです

  またまた 驚き!!!

  またまた ありえな~い!!!

  いろいろな旅の形があるんですね~


北京 【天安門広場・万里の長城】 [旅行・地域]

北京市内観光と言えば 天安門広場

世界一広い広場だという

雨は降ってないけど もやがかかっている

地形的に北京は平らな土地で 周りは山で囲まれている為 

風がふいたり雨が降ったりしないと

空気の流れがあまりないのでよどんでいると言う 黄砂の影響もあるんでしょうね

この空気が原因かどうかは知らないけれど

ツアーの仲間の方が喉をやられて風邪をひいてしまった

真ん中に毛沢東の絵が掲げられている天安門を入っていくと 世界遺産の 故宮博物院

ここは 明・清代の皇帝の政治と生活の場

南北961m  東西752m 広大な敷地だ!!!

中は左右対称に整然と並んだ数多くの建物が 建っている

巨大な壁・九龍壁 

                                      龍は天皇の象徴だという

郊外にある万里の長城へも挑戦

総延長6,350Km 気の遠くなる程の長さ

ホントかどうかわからないけれど唯一月から見える所だとか・・・

よく作りましたねー

昔の人は凄いですねー 

とてもハードでした

でもこの苦痛を体験したからこそ 

後日の行動の疲れなどなんてことありませんでした

 

夕食には北京ダック(真ん中のスライスしたお肉)でした

鶏肉ダメなので 肉なしで長ネギと特性味噌を皮で包んでいただいたけど

タレがおいしいので結構いけましたねー

 


北京へ出発 [旅行・地域]

中国国際航空で 午後のフライト

いざ北京に出発

機内食で北京ビールを一杯

 

到着後 レストランで夕食

麺生地を肩に担いで 大きな鍋に切り投げている

投げ入れるのに時間差があって 茹で加減がムラにならないのかな?

と素朴な疑問がわいたのでした

夕食後ホテル近くの王府井(ワンフーチン)を散策

マンモスデパートがひしめく北京きっての繁華街 

北京の銀座だという 

そこは歩行者天国になっていて終わったところに

道路に面して屋台がずら~っと並んでいる

『買って食べないで下さい お腹壊しますので~』ガイドさんのお言葉

現地の人は大丈夫なんだろうか

なんとも言えない臭い・・・

そこにはゲテモノが陳列

セミ?の幼虫?

さそり

ヒトデ

海のきのこだという???

他にもいろいろ・・・・

勿論食べたいとも思わず、どうしてこんな物を食べられるんだろう・・・

中国は 飛んでいるものは飛行機以外、陸のものは四足のテーブル以外、

海のものは潜水艦以外のものは すべて食べるとのこと

ひぇ~ 食文化の違いを感じる~

ホテルには 無料の水とアメニティーグッズ等が充実

ほっとします


イチョウ並木。。。 [旅行・地域]

        最寄の駅まで歩くのに 大通りを歩いて少し回り道をすると

        家の近くにもこんな紅葉風景が・・・・

         

         家の前の大通りは 20号バイパスになっているので

         イチョウ並木が今はとっても綺麗 !!!

         だけど 毎日落ち葉の掃き掃除が大変そう! おばあちゃんが・・・・

         私は全然やってませんが・・・・

         今は 甘えているけど 動けなくなったらやるよ~

         家周りの掃除もね~     

 

              

               今の季節は 歩くのが楽しい♪

               木々が楽しませてくれる。。。。

         

 

        

 

          

 

               

 

             

         写真を撮りたくなる気持ちわかって貰えるかな~???


紅葉をめがけて。。。。 [旅行・地域]

      紅葉時期になるとTVなどでも よく話題になって 

      特集が放映されたりしている 

      観光名所 『高 に紅葉狩りに行ってきた

      ここは春の桜など四季折々楽しめる場所だ!

      春には10年以上前になるかな? 家族と行ったことがあって

      桜の時期も 見事だ!

      紅葉時期には5年位前に お友達ときて 感激して行ったことを覚えていたので

      毎年この時期になると 夫と行ってみたい!と思っていたのだ

      今年は 紅葉の時期が遅れていて 今も見ごろです♪

 

        

 

              

      高尾山は ハイキングコースがいくつかあって 川沿いのコース6号路を上って行った

                頂上までは 3、3Km 上り90分 

                 気合を入れて歩き出した

          

                 色の付いた木の葉の絨緞

        

           後半 足取りが重くなり ハーハー ゼイゼイ。。。。。

           汗が出てきて 着替え持ってくればよかった。。。。。

           杖まで持ってきて 上るなよ! なんて思っていたけど

           こういう時に使うんだなと思った。。。。  

           みんな通でした。。。

        

               ここを上りきれば 頂上♪

       頂上では 駅前で購入してきたお弁当・おにぎりで腹ごしらえ          

        

         葉の付いてない木の向こう側に うっすらとしている白い山見えるかな?

         富士山なんです

         紅葉と富士山。。。。。  このアングルどうよ?。。。。

 

         

        頂上から階段を少し下りると・・・・・こんな綺麗なところが!

     帰りは1号路を下り 途中から一番の楽しみのリフトに乗って下ることに・・・

         

            薬王院を通って綺麗な場所を撮りながら・・・・

       

               

 

                途中の食堂で暖かいものを・・・・・

         

 

         

         かまぼこに『紅葉』という文字が入っている気遣い。。。

         今日は摂取カロリーオーバー(汗)

            蛸杉

 

         さる園に隣接している野草園

         

           このリフトが結構乗り甲斐があるんですねェ

               10分は乗っているかな~

            見晴らしがよくて 何度乗ってもいいわ!

              この他にも ケーブルカーがある

          

              下に着き 川沿いにもみごとな紅葉♪

                 目の保養になったわ!

            次回は また春に来て別なコースを歩いてみたい♪


前の10件 | - 旅行・地域 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。